四十肩について

 

四十代前後に腕が上げられないという違和感や肩の周囲に痛みを感じるようになる四十肩は医学用語では肩関節周囲炎と呼ばれており、生じている痛みの度合いに応じて急性期と慢性期に分けられます。
   

急性期では一切前触れを感じずに突然痛みに見舞われ、片方の肩の周囲から指先に至るまで強い痛みと共に痺れを感じるという様子が数日間にわたって続き、症状が長い方は数週間にわたって痛み続ける症例もあります。
 

四十肩の症状

急性期の以後は慢性期に入ってしまいます。慢性期になると鋭さを感じる痛みは感じられなくなるものの、痛みが鈍く感じられるようになり肩を動かしにくくなります。

 

平均的には数週間が経過した時には痛みが緩和され始め、長くとも1年半が過ぎた頃には痛みが感じられなくなるとも言われます。動かしにくくなっていた肩がスムーズに動かせるようになるものの、動かせる範囲が四十肩を発症する前に比較すると狭くなる方が多いです。
 

年齢による影響

年齢を重ねる事で身体の各部位の組織にも疲労が蓄積したり、若い頃に比べて修復機能が低下しているといった理由から四十肩になる事は珍しくありません。

 

しかし、高い頻度で繰り返し四十肩を発症したり60歳を過ぎてからも四十肩になったり、腕に震えが見られる時には病気が原因の場合もあるので、気掛かりな事があれば速やかに医師に診て頂く事が大切です。
 

四十肩の原因

そして、四十肩の原因には個人差があるのですが、多いのは年齢を重ねた事で肩の筋肉や関節、肩の周辺に位置している組織が堅くなったり縮む事です。

 

筋肉や関節、組織が直接的な原因である事に加えて日頃の生活習慣や体内のホルモンバランス、ストレスも間接的な原因になるので四十肩の症状に悩まされている時には、生活習慣や身体の健康状態にも着目して原因特定に努めましょう。

 

四十肩については当院にお任せ下さい

「もう年だから…」と思いつつ楽観視してしまいがちな四十肩ですが、放っておくとまた別の箇所が痛くなるという二次災害も引き起こしかねません。

当院ではお客様とのカウンセリングを入念に行うことで痛みの根本から改善させていただきます。

まずはお気軽に当院へご相談ください!

当院が皆様に選ばれる理由

選ばれる理由

  • 選ばれる理由1
  • 当院では、決まったパターン化している施術はしておりません。問診、検査を重視し、それをもとにお一人おひとりに合ったオーダーメイドの施術をご提供しております。具体的には、「神経整体」「筋膜リリース」「関節モビライゼーション」「骨格矯正」「内臓整体」「トリガーポイント療法」「ダイレクトストレッチ」「深層筋へのアプローチ」「頭蓋(脳脊髄液)調整」などを用いて組み立てております。

  • 選ばれる理由2
  • 患患者さまのお身体にかける生涯メンテナンス費用とお時間の削減のために、適切な施術期間を説明し、より早く卒業orメンテナンスに導きます。国家資格を持った臨床経験10年以上のスタッフが、常に向上心を持ち最先端の技術・医学知識・接遇を日々学び一流のサービスを提供します。その為、当院はドクターや医療関係の方々も多くご来院されています。

  • 選ばれる理由3
  • 患者さまのお悩みの想いに徹底的に向き合い、心とお身体の状態を細かく把握し、その方の状態に適した最高の施術プランをしっかりと説明して納得いただいたうえで施術して参ります。旅行に行きたい、趣味を充実したい、コンディションを上げたいなどはもちろん、痛みや苦痛のない笑顔溢れる快適な日常生活へ全力で導き出します。

  • 選ばれる理由4
  • 当院は完全予約制ですので、待ち時間はありません。また、患者さまが安らげる最高の居場所を提供するため快適で清潔な空間作りを徹底します。安らげる空間+最高の施術と接遇が相乗効果となり自律神経とホルモンバランスと体液の状態を善くし身体の免疫・自然治癒能力が向上します。もちろん回数券などの積極的なセールスは致しません。

  • 選ばれる理由5
  • 赤羽式整体院恵比寿本院は恵比寿駅から徒歩1分とアクセスしやすく、ぎっくり腰や、変形性の膝・股関節症などで、歩くことが辛い方でもできるだけ負担が少なくご来院ができます。また、平日最終受付20時、土日最終受付18時なので、お仕事帰りやお忙しい方でも気軽にご来院できます。

ご予約・お問い合わせ

電話
  • 店舗画像
  • お問い合わせ

line予約

赤羽式整体院

住所:〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-10-5 中田ビル402※誠心堂薬局

アクセス:恵比寿駅東口より出てすぐ前のエスカレーターを降りてもう一度下まで階段を降ります。
そこから真っ直ぐ進み、すぐ左手にセブンイレブンと遊び場があるビルとYahoo!モバイルがあるビルの間にあるクリーム色のビルが当院です。ビルの入り口は左側の門になります。