変形性股関節について


股関節を構成している骨組織や関節軟骨に不調が発生する事で、関節の軟骨が減少したり骨組織が変形する病気を変形性股関節症と呼びます。病気が進行していくのに従い関節部が自由に動かせなくなったり、痛みを強く感じるようになるので生活が営めなくなる場合が多い上、加齢によって症状が悪化していく場合も多いと言われます。

 

変形性股関節の原因


変形性股関節症になる原因は股関節の構造が密接に関係しており、股関節は球体の大腿骨骨頭と骨盤にあるお椀のような形状をした寛骨臼によって構成されています。

 

ですが、年齢を重ねると関節軟骨が摩擦によりすり減りやすくなるため、滑らかに股関節が動作しなくなり変形性股関節症に繋がります。
  

四段階の症状の変化

そして変形性股関節症は前股関節症と初期、進行期と末期の4つの段階に分ける事ができ変形の様子により発症する症状にも変化が起こります。初期症状では臀部と膝の上、足首が重たく感じられたり強張った印象を感じ、歩き始めて間もない段階や長時間にわたって歩き続けている時に痛みを覚えます。

 

手術の必要性があると診断された場合は、患者の病状を慎重に判断しながら骨切手術や人工股関節置換術が行われます。

変形性股関節については当院にお任せ下さい


放っておくと手術をしなければならない可能性も十分にある変形性股関節ですが、悪化する前に当院で改善しませんか?磨き抜かれた技術と手技で変形性股関節の辛い症状へアプローチをかけます。

 

まずはお気軽に当院へご相談ください。

ご予約・お問い合わせ

電話
  • 店舗画像
  • お問い合わせ

line予約

赤羽式整体院

住所:〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-10-5 中田ビル402※クリーニング白洋舎が目印

アクセス:JR 山手線【恵比寿駅】下車 東口より徒歩 約1分